商品情報にスキップ
1 5

MIYAGEN Trail Engineering

"3D WHISTLE 2g WITH GLOW"

通常価格 ¥1,650 JPY
通常価格 セール価格 ¥1,650 JPY
セール 売り切れ
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。
Color
Size

【開発ノート】

3D WHISTLE 2g with GLOWは、蓄光樹脂を使用した特別仕様のホイッスルです。

以前から蓄光樹脂を使用したいと考えていたのですが、何度も試行錯誤を繰り返し、うまく印刷できなかった個体や音が鳴らなかった個体があったため、印刷条件や環境を調整しながら努力してきました。そうした中で、ついに安定して印刷できるようになりました。

蓄光樹脂とは、光の吸収と放出を繰り返し、暗闇でも発光して見える樹脂です。太陽光やヘッドライトなどで強い光を当てると、数時間にわたってじんわりと発光し続けます。

また、人間の目の細胞には、色を見る細胞と明るさを見る細胞の2種類があります。普段は色を見る細胞を使用していますが、暗くなると明るさを見る細胞に切り替わります。この細胞に切り替えるまでには、時間がかかるため、「目が慣れる」という言葉があるのです。

テントで眠りに落ちて、夜中に目が覚めたとき、目の細胞は切り替わっているため、消えたと思っていた蓄光樹脂が意外に薄暗く光っていることがあります。

ふとした時に、薄暗く光り続けているこのホイッスルを見つけてくれると嬉しいです。

【ホイッスルについて(3D WHISTLE 2gと同様の性能)】

MIYAGENのホイッスルは
・ストラップサイズ
・超軽量
・2気室
・大音量
この4つの要素にこだわりました。

最近はトレイルランニングの大会ではホイッスルはレギュレーションの場合があります。しかし市場の笛は重たく音が鳴りにくいものばかりでした。

この商品は3Dプリンターの強みを活かして金型では不可能な設計をしています。2gという重量であっても約120dBという音が出るようになりました。
断面は飛行機の翼のように曲線を描き、空気の流れを整えて音を引っ張り出しています。

ストラップタイプのホイッスルの場合、1気室ホイッスルが主流となります。しかし単調な音となるため自然に紛れてしまいます。
3D WHISTLE 2gは2気室構造にこだわりました。2気室にすることで音が振動し聞き取りやすい特徴的な音になります。
2気室構造の問題点として生産方法の制約で大きく重たいホイッスルが一般的でした。しかし3Dプリンターで量産することで不可能であった構造を採用して・ストラップサイズ・超軽量・2気室・大音量の4つの要素を実現しました。

エマージェンシー用に常に持ち歩くことを想定して3mmスリット穴のストラップホールを設けております。

【3Dプリンター製品の強度について】

商品の開発にあたり、樹脂充填量や力学的構造を見直して使用時に想定される荷重に耐えられる設計にしています。
ホイッスルへ独自の圧縮テスト、落下テスト、衝撃テストをしており必要十分な強度があることを確認しておりますが、踏み潰したり、鋭利なものを突き刺したりするなど強い力が加わると壊れる可能性があります。
強度実験で安全を確認していますが積層の状態や気温や湿度によって強度が変化します。

【材質について】

本製品にはABS製の蓄光樹脂を使用しております。
優れた紫外線特性、高温多湿な高耐候性、優れた機械的衝撃強度、長期的な使用に適した材質となっており製品の品質を上げています。

【蓄光性能について】
照明の種類や光の強度によって、充電時間や蓄光の持続時間が異なります。
蓄光樹脂は、長期間にわたって紫外線にさらされると、蓄光効果が減少する場合があります。
蓄光樹脂は、周囲の環境によって蓄光効果が変化することがあります。

【商品についての注意事項】

本商品はFDM式3Dプリンターで一品毎に生産しており、同じ風合いのものがありません。
FDM式3Dプリンター特有の積層痕や積層乱れが製造工程上発生してしまいますので予めご了承ください。
バリや引っ掛かり等が発生するため一つずつ手で取り除いております。しかし気になるバリが残っておりましたらご自身でカッターやヤスリを使用して慎重に取り除いて使用してください。

【使用時の注意事項】

本部品はフィールドテストしていますが、本部品が破損しないことを保証するものではありません。
お客様の自己責任での使用の元、過度な負荷が掛からないようお気を付けください。
製作者は商品を使用する上で生じた、いかなる損害も責任を負わないものとします。

【重量】

・2g

【材質】

・蓄光ABS樹脂

【MIYAGEN Trail Engineering】

強くて軽い道具だからこそ、より遠くへ行ける。 ハイカーとして、さまざまなトレイルの少しでも先へ。 より多くの自然を感じに行きたい。 エンジニアとして、最適な素材とその構造を模索し、 素材が持つ特性を活かした強くて軽いギアを生み出したい。 MIYAGENはトレイルを遠くまで歩くためにエンジニアリングするメーカーです。