the SOFT. -MOUNTAIN FREAK- Online Store
the SOFT. -MOUNTAIN FREAK- Online Store
Cart 0
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
"BIKE'N HIKE FRONT BAG"
RawLow Mountain Works

"BIKE'N HIKE FRONT BAG"

通常価格 ¥18,700 ¥0 単価 あたり
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。
RawLow Mountain Works の自転車旅にぴったりのフロントバッグ。

自転車から降りて歩く旅を続けたいときは、付属のストラップを取り付けて、ショルダーバックとして使用できます。

上部のマップ&スマホケースや外付けポーチは取り外しも可能。

大きすぎないコンパクトなサイズ感で、バイクトリップや輪行のときにも便利。

昔ながらのクラシカルなフォルムのフロントバッグながら、そこはRawLowのアイテム。

各部にギミックが効いた機能が盛りだくさんです。

簡単に自転車に装着ができ、外付けポーチやコードを用いることでグラベルでの走行にも耐える揺れにくさ。

サイドやフロント、バッグ内部にはポケットが多数設けられ、携帯工具や補給食、お財布にカギなどライドの際に意外と多い小物の収納に便利で、バッグ内側にはぐるりと伸縮性のあるバンドが付き、荷物が少ない時にも中の荷物が揺れにくい工夫がなされています。

-バイクへの着脱も簡単です-

1. ハンドルバーに2本のバンドでしっかり固定します。

2. ヘッドチューブにバッグ下に付いているバンドを2本通して固定すれば完成。

3. 各バンドをしっかりと締めれば、バイクに固定することができます。

-SIZE-

本体:W200mm / H160mm / D120mm

外付けポーチ:W200mm×H100mm×D95mm

容量 : 6L(本体:4L, 外付けポーチ:2L)

重量 : 490g

-素材-

表地:1000D ナイロン 85%, ポリエステル 15%

裏地(ドローコード部分): 30D コーデュラシルナイロン

裏地(メイン気室):70D X-Pac VX07


★RawLow Mountain Works★

-CONCEPT-

バッグデザイナーとして20年以上のキャリアを持つ2人のデザイナーが2015年に立ち上げたバックパックを中心とした新しいマウンテンギアのブランドです。

デザインの初期衝動「自分たちが使いたいもの」の気持ちを大切に、ハイカー、サイクリストでもあるデザイナー自らフィールドテストを繰り返しながら開発しています。

生産は東京の自社工場で1本1本丁寧にハンドメイドでつくりあげています。

山と自然を愛するすべてのハイカーへ


-“Be Punk!"創りたいものだけを創る-

RawLow Mountain Works は私達のメインフィールドである鈴鹿山脈や秩父の山をメインにほぼ毎週フィールドテストを行っています。

また、高度な耐久性を求められるテストにはアルパインクライマーへもサンプルテストを依頼しており、そのレビューは今後Facebookにて公表していく予定です。

テクニカル面へのこだわりは前述の通りですが、我々が得意とするスタイリングやライフスタイルといった価値観や世界観を今後、積極的に発信していきます 。

これまで我々が異業種で培ってきたノウハウや人脈をフィードバックしていき、通り一遍等でつまらないと感じてしまう昨今のアウトドアシーンへ カンフル剤的なメッセージを残せたらと思っています。

【 創りたいものだけ創る】そんなパンクスピリッツと初期衝動を大切にしたモノづくりを我々はいつも心がけています。


-“Hand made in Japan” 想いを届けるということ-

RawLow Mountain Worksの全ての製品は我々の目が行き届く、東京は下町の自社工場で一本づつ丁寧にハンドメイド生産されます。

製品テストにおいてのトライアンドエラーがリニアに反映できるよう、我々にとってもっともプライオリティーが高い部分です。

デザイナーであり工場経営者でもある我々のスキルを最大限に活かし、企画から生産、クオリティコントロール 、そして物流までの一連の流れを一本化することでユーザーへダイレクトに我々の想いを届けるられことを大切にしています。